2018年/ヴェルファイアの値引き額をアップさせるには○○に注目するべし!

2018年/ヴェルファイアの値引き額をアップさせるには○○に注目するべし!

◆人気のヴェルファイアを安く買いたい人のためのおすすめ情報

2018年/ヴェルファイアの値引き額をアップさせるには○○に注目するべし!

引用:wikipedia

 

人気車種のヴェルファイア、この車を買いたい人ならぜひ読んでおきたい記事がこちらです。

 

この記事の内容を試したところ、10万円も値引きしてくれた!という人もいますので、ぜひご確認ください。

 

 

◆まだまだ安く購入可能なの!?値引きの相場を知るべきです!『最新:

 

値引き目標額:¥400,000-

 

2018年1月にマイナーチェンジされたヴェルファイア、こちらを少しでも安く購入したい人なら、きっと有効な情報となるはずです。

 

ヴェルファイアの購入にあたっては上記の金額まで値引きが受けられることも確認しておりますので、交渉の際にはぜひ参考としていただければとと思います。

 

本体と共に値引き交渉を行いたいのがオプションですが、こちらは20〜30%ほどの値引きが可能となっています。

 

 

◆ヴェルファイアが大幅値引きされる可能性の高い時期

  • 1月〜3月の「決算期」
  • 6月〜7月の「ボーナス期」
  • 8月〜9月の「中間決算期」
  • 12月の「ボーナス期」

これらの期間については、多少は前後するものの目標金額までの値引きを受けることができますが、特に狙い目なのが「決算期」です。

 

実は「決算期」は年間を通して最も売上がほしい時期なのです。

 

そのため、「決算期」ともなればディーラーも通常よりも大きな値引きをして販売してくれる可能性があります。

 

値引き交渉を積極的にしなくてもかなり安くしてもらえた、というケースもありますので、安く買いたい人にとっては狙い目の時期といえるでしょう。

 

 

◆ヴェルファイアを値引きしてもらうための方法

 

ライバル車との相見積は値引き交渉の基本ですが、ヴェルファイアの場合も同じです。

 

ヴェルファイアのライバル車

  • トヨタ:「アルファード」
  • 日産:「エルグランド」
  • ホンダ:「オデッセイ」

 

ヴェルファイアにはこれらの車種がライバル車とされていますが、この中ではアルファードが特におすすめです。

 

ヴェルファイアとアルファードは外観と価格以外の性能はほとんど同じです。

 

他店との差をつけることができるのは事実上価格のみなので、大幅値引きを狙うならアルファードの見積を利用してみると良いでしょう。

 

 

◆購入の例をご紹介 ≪ヴェルファイア≫

 

36歳の男性 住まい:長野県【契約:2018/4】

 

◆本体価格《Z・Gエディション》  ¥4,362,120-
◆オプション  ¥300,000-

 

◆本体値引き額  ¥400,000-
◆オプション値引き額  ¥100,000-
◆下取り額 2010年式のヴォクシー  ¥380,000-

 

◆合計  ¥3,989,824-(諸経費含む)

 

 

39歳の男性 住まい:静岡県【契約:2018/2】

 

◆本体価格《Z・Aエディション》  ¥3,905,280-
◆オプション  ¥460,000-

 

◆本体値引き額  ¥300,000-
◆オプション値引き額  ¥200,000-
◆下取り額・2009年式のオデッセイ  ¥300,000-

 

◆合計  ¥3,787,280-(諸経費含む)

 

 

◆更に安く!?値引き交渉の裏技!?紹介します

 

 

購入例では、本体値引き及びオプション値引き等、結構値引きしてくれているようですよね。
これでも、私が見ると「まだまだ安くなりそう!」と気付くんです。

 

もうどこが怪しいか分かりましたか?

 

注視すべき点、それは『下取り額』なんです。

 

ご覧の下取り額は低めに設定されているんです!
具体的に言えば、まだ200,000円位は値引きができそうです。

 

営業さんが、値引きが多く見えるよう下取り額を調整しているかもしれませんが、どうしても下取りの金額を安くしないとダメな理由があるようです

 

→下取りの金額が、ディーラーで『安い理由』と『値引き額の増やし方』はこちら

2018年/ヴェルファイアの値引き額をアップさせるには○○に注目するべし!