2017年/スペイドを安く買いたい!値引きには〇〇をうまく使う事が有効です

2017年/スペイドを安く買いたい!値引きには〇〇をうまく使う事が有効です

◆スペイドをリーズナブルに手に入れるならこの方法で

2017年/スペイドを安く買いたい!値引きには〇〇をうまく使う事が有効です

引用:wikipedia

 

アナタは現在スペイドの購入を検討しているところだと思います。

 

ここではスペイドをいかにして安く手に入れるかについての情報を取り上げています。

 

数十万円も得をする可能性が高いこのお得な情報を上手く使っていただけたらと思います。

 

 

◆スペイドの新車、目標とすべき値引き額【更新】

 

スペイドの新車購入での値引き目標額は・・・25万円

 

現在販売されているスペイドは2016年6月にマイナーチェンジをしたモデルで、マイナーチェンジから日が経っています。

 

値引き額としては上記の金額ほどは値引きしてもらうことができるでしょう。

 

なお、オプションの値引きにつきましては2割から3割ほど望めますから、本体の交渉時に合わせて交渉しましょう。

 

 

◆スペイドの一番大きな値引きが期待できるのはいつ?

  • 1月〜3月⇒決算期
  • 6月〜7月⇒ボーナス期
  • 8月〜9月⇒中間決算期
  • 12月⇒ボーナス期

この4つの時期が値引きをしてもらいやすい時期です。

 

この中でも最も大きな値引きを期待できるのが決算期なので、リーズナブルにスペイドを手に入れるためなら狙い目は決算期です。

 

 

◆最もメリットが高いスペイドの値引き交渉方法は?

 

実際にスペイド購入のための交渉を行なう際には、性能がライバル車とスペイドとを競合させる方法がオススメです。

  • ダイハツ・・・タント
  • ホンダ・・・フリード
  • スズキ・・・ソリオ
  • トヨタ・・・ポルテ(販売;トヨタ店・トヨペット店)

このなかで価格交渉に適したクルマは「ポルテ」です。

 

ポルテはスペイドと性能が良く似た兄弟的な車種であり、価格面でしか比較が難しいためです。

 

交渉を行なう前にポルテの販売店で見積もりを用意しておき、スペイドの販売担当者との交渉を進めていきましょう。

 

 

値引き交渉に使用するライバル車の見積もりを用意する時に覚えておくと良いポイントがあります。

 

☆購入を検討中のスペイドの装備に近い装備を持つライバル車にする
☆ライバル車は買わなくてもきちんと値引きの交渉をした見積もりを取る

 

交渉の時にライバル車を利用するのは「スペイドとライバル車のどっちを購入すべきかとても迷っている」ように販売員に見せるためのものです。

 

上手くできたら難しい交渉をせずに販売員が値引きをしてくれるかもしれません。

 

スペイドをリーズナブルにてに入れるためには、手抜きをしないライバル車の見積もりを用意する時が大事です。

 

 

◆スペイド購入者の契約内容

 

例(1)
2016年12月購入、滋賀県在住の女性(37歳)

 

(G)グレード本体価格: 1,926,720円
オプション代: 200,000円

 

クルマ本体の値引き: 150,000円
オプション代の値引き: 100,000円

 

2010年製「bB」下取り: 200,000円

 

諸経費込みトータル: 1,754,760円

 

 

例(2)
2016年10月購入、東京都在住の男性(38歳)

 

(F)グレード本体価格: 1,828,440円
オプション代: 110,000円

 

クルマ本体の値引き: 200,000円
オプション代の値引き: 50,000円
2011年製「フィット」下取り: 300,000円

 

諸経費込みトータル:1,466,480円

 

 

◆値引きだけで満足すると損をするかも 購入前は「アレ」を再確認しましょう

 

 

上記では実際に購入した例を2つ紹介していますが、これらは実をいうと「損してしまったケース」でした。

 

たしかに、値引き額は良い条件を提示してもらえたように見えます。

 

しかし、「下取り」に問題があるのです。

 

両者ともにディーラーによる下取りを行っていますが、中古車買い取り業者による査定と比較すると10~20万円ほど低い結果に・・・。

 

つまり、新車購入時の値引き額がそれだけ少なくなってしまったということです。

 

どうしてこのような結果になったのでしょう?

 

下取りに出したクルマに問題があったのでしょうか?
それとも、ディーラー側が値引いた分の穴埋めとして意図的に評価を下げたのでしょうか?

 

しかし、もっとも考えられる可能性は、“ディーラーでの下取り査定は低くなってしまう理由がある”からなんです。

 

そうはいっても、新車を購入する時はできるだけ安く買いたいですよね。

 

大丈夫です。下取りを行なう場合の対策は存在します。

 

“ディーラーに依頼する下取りが低くなってしまう理由”
“安くなりがちな下取り査定額を増やすためのヒント”を次のページで解説しているのでこの機会にチェックしてみてください。

 

→ トヨタ・スペイドの新車をできるだけおトクに手に入れるにはこちら

2017年/スペイドを安く買いたい!値引きには〇〇をうまく使う事が有効です