2017年/ポルテの大幅値引きを引き出す方法/〇〇を使った交渉術を公開!

2017年/ポルテの大幅値引きを引き出す方法/〇〇を使った交渉術を公開!

◆ポルテの値引きアップは可能? 安く手に入れるための情報とは?

2017年/ポルテの大幅値引きを引き出す方法/〇〇を使った交渉術を公開!

引用:wikipedia

 

当ページでは、「ポルテ」をこれから購入する人を対象に、値引きをアップさせてできるだけ安く手に入れるための情報を掲載しています。

 

この情報によって契約時に「数十万円」の値引きアップを得られる可能性もあるので、損をしないためにも目を通してみてください。

 

 

◆ポルテ購入時、期待できる値引き額はいくら?【更新版・

 

ポルテで期待できる値引き額は・・・20万円

 

最新版となるポルテは、2016年6月にマイナーチェンジされました。

 

マイナーチェンジされてからそれなりに時間が経過していることもあり、上記の値引き額を得られるチャンスがあります。

 

さらにクルマの本体以外のオプション品についても値引きの期待ができます。

 

オプション関連品の値引率は「20〜30パーセント」を目標値としておくと良いでしょう。

 

 

ポルテの契約、値引きアップの可能性が高くなるタイミングとは?

  • 1月〜3月 ・ 決算期
  • 6月〜7月 ・ボーナス期
  • 8月〜9月 ・中間決算期
  • 12月 ・ボーナス期

このように1年のなかで数回の値引きアップに好ましいタイミングがありますが、上記の中でも「決算期」は値引き交渉にベストといえます。

 

というのも、この時期は「決算セール」が全国のディーラーで展開されることもあり、有利な価格を提示してもらいやすいからです。

 

ということで、できるだけ値引き額をアップさせたいのであれば「決算期」に契約を考えておきましょう。

 

 

ポルテを契約する際、どうやって交渉していくべき?

 

ポルテの値引き交渉は、ライバル車と価格比較しながら進めていく方法がおすすめです。

 

ライバル車にあたるのは・・・

  • トヨタ・スペイド
  • 日産・キューブ
  • スズキ・ソリオ

ポルテのライバル車には上記のような製品がありますが、ポルテと兄弟車の関係にある「スペイド」は、グレード・装備品がほぼ同一であるため、比較対象にはうってつけです。

 

「スペイド」は、「カローラ店」「ネッツ店」で取り扱いされているので、店舗が近くにある場合はポルテの交渉前に見積書の作成依頼を出しておきましょう。

 

ただし、ライバル車の見積書作成依頼時に気をつけるべきポイントがあります。
あなたがポルテだけ購入意志があり、ライバル車は選択肢に入れていない状況だとしても、「ライバル車の見積依頼は購入する前提でしっかり交渉を行なう」ことが重要です。

 

ポルテの販売担当者は、ライバル車の見積書をいくつも見て来ています。

 

その販売員に適当な内容の見積書を見せた場合、「このお客はポルテ以外を購入する気はないだろう」と、あなたの本心に気づいていしまうおそれがあります。

 

そうなると、交渉のペースを握られてしまい、思うような値引きすら得られないかも・・・。

 

良い値引き条件を提示してもらうためにも、見積書作成依頼には充分に注意を払っておきましょう。

 

 

◆ポルテを実際に購入した方の契約内容

 

契約例(1)
2016年12月に「G」グレードを契約
購入者・福島県在住男性(38歳)

 

「G」グレード本体価格:1,926,720円
オプション品:320,000円

 

車両本体の値引き額:200,000円
オプション値引き額:100,000円

 

下取り額(スズキ・ワゴンR ’09年製造):120,000円

 

総支払額:1,978,017円
諸経費込み

 

 

契約例(2)
2016年11月に「F」グレードを契約
購入者・愛知県在住男性(32歳)

 

「F」グレード本体価格:1,828,440円
オプション品:100,000円

 

車両本体の値引き額:200,000円
オプション値引き額:0円

 

下取り額(トヨタ・ポルテ ’09年製造):100,000円

 

総支払額:1,778,737円
諸経費込み

 

 

◆値引き額だけでは不十分! 契約する前には“アレ”を絶対にチェックしよう

 

 

上記では、実際に契約された人たちの例をご覧いただきました。あなたは、どのように思いましたか?

 

値引き交渉は充分満足いく結果だし、良い感じの契約内容に思ったかもしれません。

 

・・・が、残念ながらどちらの契約も「もっとポルテを安く買えるチャンスを逃した失敗例」なんです。

 

では、どのあたりが失敗といえるのでしょう?

 

契約内容にある「下取り額」を改めてチェックしてみてください。

 

この「下取り」は、新車を購入したディーラーにて行っているのですが、本来のクルマの資産価値よりも低い査定額になっています。

 

なんと、中古車専門の買い取り業者が行なう査定と比較すると、10万円ほど安いのです。

 

「販売担当者がクルマの値引き額を多く見せるために、下取り額を低くしたのでは?」と予想された人もいるでしょう。

 

しかし、問題は別にあります。

 

それは、ディーラーの下取りはどうしても安くなってしまうシステム上の理由があるため。

 

次のページでは、ディーラーに依頼する下取り額が安くなってしまうカラクリや、下取り額をアップさせていくための方法を紹介しています。

 

ぜひ今後の参考にしてみてください。

 

→ ポルテをお得な価格で入手するための方法はこちら

2017年/ポルテの大幅値引きを引き出す方法/〇〇を使った交渉術を公開!