2017年/ピクシスメガの激安購入術/安く買いたいなら〇〇をチェック!

2017年/ピクシスメガの激安購入術/安く買いたいなら〇〇をチェック!

◆「ピクシスメガ」契約時、より値引きをアップさせるためのコツとは?

2017年/ピクシスメガの激安購入術/安く買いたいなら〇〇をチェック!

引用:wikipedia

 

こちらのページでは、「ピクシスメガをより安く買いたい・・・」とお悩みの方を対象に、契約をおトクに進めるためのコツを紹介しています。

 

当サイトの情報によって「数十万円」の値引きアップに成功した実例も存在するので、今後のためにあなたもチェックしておいてください。

 

 

◆ピクシスメガ、契約時に期待できる値引き額【/最終更新】

 

ピクシスメガの期待できる値引き額は・・・15万円

 

注意点
(1)車両のみ、オプション無しの場合
(2)当サイトによる独自調査結果をもとに算出
(3)年度末などの特別割引は除外

 

「ピクシスメガ」の最新版は、2016年5月にリリースされたマイナーチェンジ版となります。

 

もともと「ダイハツ・ウェイク」のOEM契約品ということもあり、「ピクシスメガ」とウェイクはほぼ同じ時期にマイナーチェンジが行われてきました。

 

このあと2017年10月には、ウェイクはマイナーチェンジ版が登場すると予測されているため「ピクシスメガ」も、この時期に最新版が出るだろうと見られています。

 

マイナーチェンジ版がリリースされる時期が迫るほど、「ピクシスメガ」の値引き幅も大きくさせやすいため、契約額をできるだけ抑えたいのであればマイナーチェンジ直前の契約を考えておくと良いでしょう。

 

 

◆「ピクシスメガ」の値引きアップを引き出しやすいタイミングとは?

  • 決算期・・・1〜3月
  • ボーナス期・・・6〜7月
  • 中間決算期・・・8〜9月
  • ボーナス期・・・1月

・・・といったように、1年で4回の値引きアップの機会があるのですが、もっとも値引きを効率的に得たい方は「決算期」がオススメです。

 

決算期は、国内のディーラーのほとんどで大きなセールが始まるので、良い条件を提示してもらいやすくなります。

 

しかし、先に説明したとおり、モデルチェンジ直前も値引き額アップが期待できるため、あなた自身の予定に合わせて判断しておくと良いでしょう。

 

 

◆「ピクシスメガ」の値引き、うまく引き出すための交渉方法について

 

値引き交渉に関しては、ピクシスメガのライバル車種を用いて価格競合させていく方法がもっとも無難といえます。

 

・ライバル車種の例としては・・・

  • ウェイク(DAIHATSU)
  • N-BOX(HONDA)
  • ハスラー(SUZUKI)

上記の車種から選択しておけば問題ありません。

 

ちなみに、特に価格競合に最適なのは「ダイハツ・ウェイク」です。

 

ピクシスメガ、ウェイクの違いはエンブレム以外には差がなく、価格以外の箇所で判断しづらいためです。

 

ということで、ダイハツディーラーが最寄りにある場合はウェイクの見積もりを優先し、ピクシスメガの営業マンとの交渉に活用してみてください。

 

 

◆ピクシスメガ、直近に購入した方々の契約内容

 

契約例(1)2016年12月に「Gターボ“SAU”」 を購入
購入者・男性(52歳)
お住い・佐賀県

 

車両本体価格 ・1,674,000円
オプション・210,000円

 

車両本体の値引き額・150,000円
オプション値引き額・50,000円

 

下取り額(DAIHATSU/ムーヴ 10年製造):150,000円

 

総支払い額:1,660,957円
※税金など諸経費込み

 

 

契約例(2)2016年11月に「L“SAU”」 を購入
購入者・男性(39歳)
お住い・兵庫県

 

車両本体価格・1,555,200円
オプション・420,000円

 

車両本体の値引き額・100,000円
オプション値引き額・150,000円

 

下取り額(Mazda/AZワゴン 08年製造):110,000円

 

総支払い額:1,741,357円
※税金など諸経費込み

 

 

◆「ピクシスメガ」は方法次第でもっと安く買える! そのために、必ずチェックしよう!

 

 

先に紹介したは2つの契約例の値引きは充分に得られていますし、おそらく満足した上で購入されたとは思います。

 

しかしながら、両者の全体的な契約内容をチェックしてみると「残念な点」が見受けられ、そのせいで安くピクシスメガを手に入れるチャンスを逃してしまっています。

 

残念な点といえるのは、「下取り」の部分です。

 

上記の契約ではいずれも「軽自動車」をディーラーに下取りに出しているのですが、この金額が本来のクルマの相場よりも低くされてしまっています。

 

中古車専門買い取り業者に査定してもらった場合と比較すると、10万円のマイナスという結果に・・・。

 

「ディーラー側が新車販売時の値引きで損したくないから下取り額を抑えたのでは?」と思われたかもしれませんが、それが全ての原因とは限りません。

 

下取り査定額が低くなってしまったのは「ディーラー下取りは高確率で査定額が低くなる理由がある」からなんです。

 

でも、ちょっとしたコツを理解しておくだけで下取り査定額の問題を解消することは可能です。

 

当サイトでは、ディーラー下取り額が安くなってしまう仕組み、下取り査定額を大幅に引き上げるコツについて解説しています。

 

新車購入を予定されているのなら、この機会に下記リンクをチェックしておきましょう。

 

 

→ 「ピクシスメガ」の新車をお得な価格で入手したい方はこちら

2017年/ピクシスメガの激安購入術/安く買いたいなら〇〇をチェック!