2019年/ランドクルーザーがこんなに安く買える!〇〇をチェックして大幅値引き!

◆ランドクルーザーを安く買うことができます!その方法とは?

2019年/ランドクルーザーがこんなに安く買える!〇〇をチェックして大幅値引き!

引用:wikipedia

 

近々ランドクルーザーを購入予定の方に、とても安く買うことができる方法をお教えいたします。

 

この方法を利用して数十万円も安く買うことができた、と喜びの報告もいただいております。

 

同じ買うならこれを読んでいただいて,ランドクルーザーを損のないように手に入れてください。

 

 

ランドクルーザー、目標とするべき値引き額は?【/最終更新】

 

ランドクルーザーの目標とするべき値引き額・・・35万円

 

ランドクルーザーは、2017年7月にマイナーチェンジされ、現在販売されています。

 

目標とする値引きの金額は、上記のとおりになっています。

 

交渉のときにはこの金額を目途に行ってください。

 

オプションの値引き交渉も忘れずに交渉していきましょう。

 

オプションの値引きは、20〜30%程度見込めます。

 

 

◆ランドクルーザーの値引きが最も期待できるのは何月?

2019年/ランドクルーザーがこんなに安く買える!〇〇をチェックして大幅値引き!

 

  • 1月〜3月  「決算期」
  • 6月〜7月  「ボーナス期」
  • 8月〜9月  「中間決算期」
  • 12月    「ボーナス期」

上記の中で、ディーラーが最も売り上げを伸ばしたい時期が1月から3月までの「決算期」です。

 

どのディーラーも、この「決算期」はみんな躍起になって売り上げを獲得しようとします。

 

ですので、購入者側から見てもこの「決算期」は大幅な値引きを期待できる買いやすい時期だと言えるのです。

 

あまり「まけてほしい」と言えない方や商談自体が苦手な方でも、この1月から3月はかなり安く購入できる時期なのでこの「決算期」の契約を逃さないようにしましょう。

 

 

◆ランドクルーザーの詳しい値引き交渉方法は?

 

2019年/ランドクルーザーがこんなに安く買える!〇〇をチェックして大幅値引き!

 

ランドクルーザーの値引きの方法ですが、性能の近い他社製品と価格競合していくのがもっともオススメです。

 

性能の近いクルマの一例として、

  • X5(BMW)
  • Q7(Audi)
  • レンジローバー(Landrover)
  • GLクラス(Mercedes)

と、いった中で見積もりを用意しておきましょう。そのあと、ランドクルーザーの営業マンとの価格交渉に臨むと良い結果が期待できるはずです。

 

 

ランドクルーザーと比較するための車の見積もり依頼をする際には、気を付けなければいけないことがあります。

 

ひとつめは、ランドクルーザーの見積もり時と同様に、ライバル車にも同等の装備やオプション類を選んで見積書を作ってもらいます。

 

ふたつめは、購入意思のないライバル車でも、購入するつもりで本体オプション共々値引きの交渉をしっかり行います。

 

商談の相手はプロの販売員です。

 

いい加減に見積もったものを持参し交渉に使ったとしても、納得できる値引きは期待できないかも知れません。

 

本来の目的であるランドクルーザーを安く買いたいのであれば、それの交渉に使う車も真剣に見積もりしてもらうことが大切です。

 

 

◆ランドクルーザー、最近契約した人たちの詳細について

 

2019年/ランドクルーザーがこんなに安く買える!〇〇をチェックして大幅値引き!

 

例(1)「ZX」 を契約した男性
契約時期/地域・2019年2月/大阪府
契約者の年齢・48歳

 

本体「ZX」:6,847,200円
オプション:350,000円

 

本体値引き額:350,000円
オプションの値引き額:0円
下取り額(’09年製造 TOYOTA・ハイラックスサーフ):1,230,000円

 

総計:5,960,917円
※税、諸経費も加算

 

 

例(2)「AX」 を契約した男性
契約時期/地域・2019年1月/東京都
契約者の年齢・41歳

 

本体「AX」:5,151,600円
オプション:420,000円

 

本体値引き額:350,000円
オプションの値引き額:100,000円
下取り額(’09年製造 TOYOTA・ランドクルーザー):2,200,000円

 

総額:3,215,626円
※税、諸経費も加算

 

 

◆ランドクルーザーの値引きはまだまだ可能!? お得な契約のために「〇〇」を忘れずチェック!

 

 

前項では2つの契約例をご覧いただきました。

 

車両本体の値引き額は目標額に達していますし、良い内容だったと感じた人もいるかもしれませんね。

 

・・・が、で全体的な契約内容をチェックしてみると、ランドクルーザーをもっと安く入手できたと断言できます。

 

ハッキリ言ってしまうと、どちらの契約も「損」したダメな契約なのです。

 

その損といえる根拠は「下取り額」

 

2つの契約ともに新車契約を行ったディーラーで「下取り」していますが、この金額が低すぎたと言わざるを得ません。

 

クルマ買取専門業者の査定と比較すると差は歴然で、30万円〜50万円もの大幅なマイナスという結果に・・・。

 

「ディーラー側は、値引き分の損失をカバーしたいがために下取り額を抑えたんじゃないの?」と思われたかもしれません。
しかし、それは全ての答えではありません。

 

というのも、ディーラー下取りは評価額が低くなってしまうシステム上の「とある理由」があり、それが大きな影響を及ぼすためです。

 

この「査定額が低くなる問題」は諦めるしかないのでしょうか? でも大丈夫。当サイトでは解消策を理解しています。

 

「ディーラー下取り額が低くなる仕組み」さらには「低くなりがちな査定額を大きく増やすヒント」について、下記リンク先で解説しています。

 

このあと、ランドクルーザーの契約を考えているのなら、お得な契約を手に入れるためにチェックしておきましょう。

 

 

→ トヨタ・ランドクルーザーをできるだけ安く手に入れる方法とは?

2019年/ランドクルーザーがこんなに安く買える!〇〇をチェックして大幅値引き!