2017年/クラウンロイヤル値引き交渉攻略法/〇〇を使った交渉術とは?

2017年/クラウンロイヤル値引き交渉攻略法/〇〇を使った交渉術とは?

◆さらに安くクラウンロイヤルを手に入れるためにすべきことは?

2017年/クラウンロイヤル値引き交渉攻略法/〇〇を使った交渉術とは?

引用:wikipedia

 

クラウンロイヤルを買いたいと考えておられる方へ、こちらでは値引交渉についての情報をお伝えしています。

 

こちらの情報で数十万円も安く手に入れられることも可能ですので、最後までぜひともお読みください。

 

 

◆クラウンロイヤル購入時の値引きの目標値【更新】

 

クラウンロイヤルの値引きの目標値・・・30万円

 

現在市場に出ているクラウンロイヤルは平成27年10月にマイナーチェンジをしたモデルです。

 

発売当初よりずいぶんと経ちましたので、値引の幅は大きくなっていっています。

 

オプションの値引は2割〜3割が目安となりますので、一緒に値引きの交渉をしましょう。

 

 

◆クラウンロイヤルの大幅な値引きを期待することができる時期とは?

  • 1月〜3月⇒決算期
  • 6月〜7月⇒ボーナス期
  • 8月〜9月⇒中間決算期
  • 12月⇒ボーナス期

この4つの時期が交渉に向いているのですが、この中でも一番良いのが《決算期》です。

 

決算期には売り上げを上げないといけないので、どちらのディーラーでもセールを行っていて値引合戦が過熱している時なのです。

 

なにがなんでも安く買いたい!と希望されているのなら、決算期での購入を検討されてはいかがでしょうか。

 

 

◆クラウンロイヤル値引交渉の際の具体的な方法とは?

 

値引きを得るための交渉でオススメなのは、ライバルメーカーが製造している同タイプのクルマと競合させる方法です。

 

例を挙げると・・・

  • 日産:シーマ、フーガ
  • ホンダ:レジェンド
  • レクサス:IS

こういったライバル車種の見積もりを事前に得ておくことで、クラウンロイヤルの販売員との交渉が捗るはずです。

 

 

ライバル車種の見積もりを手に入れるときにポイントとなることがあるんです。

 

そのポイントは、
【購入したいと思っているクラウンロイヤルのグレード、装備に近いライバル車種のグレード、装備を選ぶ】
【購入は考えていないライバル車種の見積もりでも、ちゃんと値引き交渉をする】
こちらの2点です。

 

ちゃんと値引き交渉したライバル車種の見積もりならば、「ディーラーが何も言わなくても値引きをしてくれる」ということが起こるかもしれないので、ライバル車種の見積もり取得の際はちゃんと値引き交渉をしましょう。

 

 

◆クラウンロイヤルを実際に購入した人たちの契約内容

 

例(1)「2.5 ロイヤルサルーンG」を購入
現住所:東京都在住
契約者:55歳の男性
契約時期:2016年12月

 

クルマ本体:5,221,800円
オプション:500,000円

 

本体の値引き:150,000円
オプションの値引き:0円

 

下取り「クラウンロイヤルサルーン 2011年式」・・・800,000円

 

税込み総支払額:5,081,267円

 

 

例(2)「2.5 ロイヤルサルーン」を購入
現住所:三重県在住
契約者:47歳の男性
契約時期:2016年10月

 

クルマ価格:4,476,600円
オプション:450,000円

 

本体の値引き:100,000円
オプションの値引き:50,000円

 

下取り「ジムニー 2011年式」・・・450,000円

 

税込み総支払額:4,717,467円

 

 

◆クラウンロイヤルはもっと安く入手可能! 契約前に○○をしっかり確認しよう

 

 

上記で紹介した契約内容ではまずまずの値引きが引き出せています。

 

しかし、ハッキリ言ってしまうと良い結果ではありませんでした。

 

クラウンをさらに安く入手できるチャンスを逃した「もったいない契約」であるといえます。

 

どのあたりに問題があったのでしょう?

 

その答えは「下取り額」にあります。

 

例に挙げた契約では、どちらもクラウンを購入したディーラーに下取りを依頼していますが、この値に問題があるのです。

 

中古車専門業者による査定と比較するとその差は歴然で、それぞれ20万円ほど低い結果に・・・。

 

どうしてそんなに大きな差が生じてしまったのか、あなたは分かりますか?

 

おそらく「新車に対する値引き分を補うためにディーラーが下取り査定額を抑えた」と思ったはずです。

 

しかし、それが原因の全てではありません。

 

もっとも大きな要因として考えられるのは「ディーラーに依頼する下取りでは、査定額が安くなってしまう構造上の理由」があるため。

 

でも、ガッカリする必要はありません。それについての対策は存在します。

 

下記のリンクでは、ディーラーによる下取りが安くなってしまう理由、下取り査定額を大きくアップさせる方法を解説しています。

 

この機会に目を通しておきましょう。

 

→ 下取り額を大きくアップして、クラウンロイヤルをさらに安く買いたい方はこちら

2017年/クラウンロイヤル値引き交渉攻略法/〇〇を使った交渉術とは?