2017年/レガシィB4の値引きを最大に引き出す!〇〇を使った交渉術

2017年/レガシィB4の値引きを最大に引き出す!〇〇を使った交渉術

◆「レガシィB4」の価格をできるかぎり安くする情報とは?

2017年/レガシィB4の値引きを最大に引き出す!〇〇を使った交渉術

引用:wikipedia

 

「レガシィB4」を可能なかぎり安く契約するための情報を当ページにて紹介しています。

 

当サイトの情報を知ったことにより「10万円」の値引きアップに成功した方もいらっしゃいます。

 

満足いく契約となるように、この機会にチェックしておきましょう。

 

 

◆レガシィB4、契約時に得られる値引き額は?【最新版・

 

レガシィB4新車で得られる値引き額は・・・25万円

 

最新モデルの「レガシィB4」は、2016年の10月にリリースされたマイナーチェンジ版となります。

 

2017年・10月では、年次マイナーチェンジ版が登場する予定のため、それまでの間は値引き額増加を期待できます。

 

交渉では、上記金額を目標値としてうまく値引きを引き出していきましょう。

 

さらに、クルマ本体とは別にオプションの値引きのチャンスもあります。
「30〜40%」をオプション割引の目標にしてみてください。

 

 

「レガシィB4」、値引き額のチャンスが大きくなるタイミングとは?

  • 決算期・1〜3月
  • ボーナス期・6〜7月
  • 中間決算気・8〜9月
  • ボーナス期・12月

上記のように値引き額アップの可能性が高まるタイミングは1年のうちで4回訪れます。

 

その中でも「決算期」が値引き幅を大きくしやすい絶好のタイミングといえます。

 

そのワケは、日本全国のディーラーが売り上げを必要とする時期であるためです。

 

「レガシィB4」の価格をより安くしたいのであれば、「決算期」に契約するように予定しておきましょう。

 

 

◆「レガシィB4」の値引きを効率的に引き出すための交渉方法とは?

 

レガシィB4の値引き交渉では、ライバル車と競わせていく方法がオススメです。

 

ライバル車の例としては・・・

  • マークX(トヨタ)
  • アテンザセダン(マツダ)
  • ティアナ(ニッサン)

これらの車種で見積もりを事前に用意しておき、レガシィB4の販売店での交渉に備えておきましょう。

 

 

「レガシィB4」の値引きアップのために用いる「ライバル車の見積り書」の作成では、すこし注意を払っておくかなくてはなりません。

 

「レガシィB4とライバル車のグレード・装備品に一貫性をもたせて、購入するつもりのないライバル車の値引き交渉も抜かりなく行なう」ことが重要です。

 

「レガシイB4」の交渉相手は、クルマの商談を毎日こなしているプロです。

 

もしも、適当な見積り書を用いた場合、相手にあなたの本心が見透かされてしまい、ガッカリするような値引きしか得られなくなるかもしれません。

 

ライバル車の見積書をきちんと作成しておくとディーラー側から良い条件をもらいやすくなるので、値引きを手堅く得るために丁寧に作成してみてください。

 

 

◆レガシィB4、実際の購入者の契約内容

 

契約例(1)LEGACY B4 Limited を購入

 

契約時期・2016年12月
契約者・男性48歳(東京都)

 

(LEGACY B4 Limited)本体:3,153,600円
オプション品:380,000円

 

車両本体に対する値引き額:250,000円
オプションに対する値引き:100,000円

 

下取り額(’08年式 インプレッサ):120,000円

 

トータル:3,245,660円
※諸経費込み

 

 

契約例(2)LEGACY B4 Limited を購入

 

契約時期・2016年10月
契約者・男性43歳(愛知県)

 

(LEGACY B4 Limited)本体:3,153,600円
オプション品:300,000円

 

車両本体に対する値引き額:250,000円
オプションに対する値引き額:50,000円

 

下取り額(’10年式 レガシィB4):650,000円

 

トータル:2,685,660円
※諸経費込み

 

 

◆新車を契約する際は値引き額だけのチェックでは不十分! 必ず〇〇を確認しよう

 

 

上記に紹介した2つの契約ともに値引き額は充分に見えますし、購入者はおそらく満足しながらサインをしたのだと思います。

 

しかし、実はどちらも「損をしてしまった惜しい契約内容」だったのです。

 

どのあたりが損だったといえるのでしょうか? その答えは「下取り額」を確認することで理解頂けます。

 

どちらもディーラーで下取りを依頼していますが、この時の査定額が本来のクルマの価値よりも低くされてしまっています。

 

クルマ専門買取り業者に依頼する場合と比較すると、20万円ほどマイナスに・・・。

 

つまり、その差額分、新車を安く買えるチャンスを逃している、ということになります。

 

もちろん、下取りに出したクルマに不具合があった可能性も考えられます。

 

しかし、それ以上に考慮しておくべきポイントがあるんです。

 

それは「ディーラーが行なう下取りは、査定額が低くなってしまう理由がある」ということ。

 

そうはいっても、新車は出来れば安く手に入れたいですよね。

 

その解決方法はあるのでガッカリしなくて大丈夫です。

 

ディーラー下取りが安くなってしまう理由、さらには下取り額を大きくアップさせるヒントなどを下記リンクで解説しています。

 

レガシィB4の新車の契約を検討されているのなら、この機会にチェックしておきましょう。

 

→ レガシィB4をできるだけお得な価格でゲットするための方法はこちら

2017年/レガシィB4の値引きを最大に引き出す!〇〇を使った交渉術