2017年/フォレスター最新値引き情報/大幅値引きのコツは〇〇をしっかり交渉すること!

2017年/フォレスター最新値引き情報/大幅値引きのコツは〇〇をしっかり交渉すること!

より安くフォレスターを手に入れるには何をすればいいの?

2017年/フォレスター最新値引き情報/大幅値引きのコツは〇〇をしっかり交渉すること!

引用:wikipedia

 

今から、フォレスターを買おうかと検討中の方のために、値引きに関する最新情報をお知らせします。

 

これからお伝えする情報を実際に利用するかしないかでは、値引きの金額に大きな違いができ数十万円も変わることがあります。

 

ぜひ、この情報を上手く利用して、より安くフォレスターを手にしてください。

 

 

フォレスターの目標となる値引き金額 【更新】

 

最近のフォレスターの目標となる値引き金額 ⇒ 25万円

 

現在は2012年から販売のの4代目のモデルですが、2017年末〜2018年までにフルモデルチェンジをするらしいという情報があります。

 

そのため、フルモデルチェンジをする前の今が現在のモデルの値引き交渉をする狙い目といえるでしょう。

 

そのうえ、オプションも大きな値引きをしてもらえる見込みがあるので、こちらの値引き交渉も忘れずに。

 

なお、オプションの値引きは約3割から4割を目安にしましょう。

 

 

フォレスター・値引き交渉に良い時期は?

 

  • 1〜3月⇒決算期
  • 6〜7月⇒ボーナス期
  • 8〜9月⇒中間決算期
  • 12月 ⇒ボーナス期

上記の4つの時期をあげることができますが、とりわけこの中でも値引き金額を大幅にアップすることを期待できるのは、【決算期】です。

 

決算期では、どのディーラーでも売り上げを上げようと躍起になるため、ほとんどのところで行われるキャンペーンなどを利用してしっかり値引きをしてもらいましょう。

 

次にお勧めなのは、やはりキャンペーンが行われることが多いボーナス期なのですが、それ以上に1月〜3月の決算期が推しです。

 

 

フォレスター値引き交渉の具体的な方法とは?

 

フォレスターを大幅に値引きして貰いたいときは、次に挙げるライバル車と競合させるのがいいでしょう。

 

☆『フォレスター』のライバル車

  • 日産 〔エクストレイル〕
  • 三菱 〔アウトランダー〕
  • マツダ〔CX-5〕

ここに挙げたライバル車の見積もりを取る際に留意して欲しいことがあります。

 

それは目をつけているフォレスターに似たグレードや装備を選択し、買うつもりがなくても購入するかのように値引き交渉をすることです。

 

お勧めのライバル車の見積もりをただ取るだけじゃ、販売員さんには「このライバル車は買う気が無い」と気づかれてしまいます。

 

手の内を見抜かれてしまったら、駆け引きに慣れている販売員さんに主導権を取られ、最も少ない値引き額で購入することになってしまいます。

 

買う気が無い車の見積もりだとしても、値引き交渉をしっかりしたものを持ってフォレスターの交渉に臨みましょう。

 

 

なお、スバルの車全般にいえることですが、同じスバルの車でも競合させることができます。

 

その方法とは、『経営の異なるスバルの販売店から見積もりを取ること』です。

 

スバルに関しては、基本的に各々の都道府県にひとつの法人が正規ディーラーをしているからです。

 

だから、周辺の県に行きそこのディーラーで見積もりを取れば同じフォレスター同士で競合させることが可能なんです。

 

さらに競合させることができるのは、スバルの新車を扱っている中古車販売店と整備工場で取った見積もりです。

 

スバルのHPに販売店情報が載っていますので、できるだけたくさん見積もりを取ってフォレスターの交渉に行くためにしっかりチェックしましょう。

 

 

フォレスターを購入した人の実例

 

◇石川県の44歳男性 【平成29年3月購入】

 

車輌本体金額 〔2.0XT EyeSight〕⇒3,128,760円
オプション ⇒520,000円

 

車輌本体値引き金額 ⇒250,000円
オプション値引き金額 ⇒200,000円
下取り金額 〔エクストレイル:2008年式〕⇒230,000円

 

合計金額 ⇒3,206,830円諸経費込み

 

 

◇福岡県の38歳男性 【平成28年11月購入】

 

車輌本体金額 〔S-Limited〕⇒2,894,400円
オプション ⇒480,000円

 

車輌本体値引き金額 ⇒200,000円
オプション値引き金額 ⇒200,000円
下取り金額 〔フィット:2011年式〕⇒150,000円

 

合計金額 ⇒3,062,470円諸経費込み

 

 

フォレスターをもっと安く買える方法を知りたいと思いませんか?

 

 

実例をみると、目標となる値引き金額までの値引きがあり、オプションの値引き金額もけっこう引かれているようですね。

 

ところで、ここからさらに値引きをしてもらえるとするとどこから引いてもらえるでしょうか?

 

その答えは『下取り金額』です。

 

実際、ディーラーでは下取り金額を安く見積もる傾向があります。

 

「ディーラーが値引きをし過ぎたと、下取りでバランスを取った」とも考えられるのですが、実はディーラーの下取り金額が安くなってしまう理由がちゃんとあるからです。

 

あわせて、下取り金額をグッと引き上げるコツも存在します。

 

次では『どうしてディーラーの下取り金額は安くなるのか』そして『下取りの金額上げる方法』について説明しています。

 

 

→フォレスター購入の際、もっと安く買えるコツはこちらから

2017年/フォレスター最新値引き情報/大幅値引きのコツは〇〇をしっかり交渉すること!