2017年/リーフを激安購入!大幅値引きのコツは〇〇を上手く使うこと!

2017年/リーフを激安購入!大幅値引きのコツは〇〇を上手く使うこと!

リーフ、新車の最新値引き状況【/最終更新】

2017年/リーフを激安購入!大幅値引きのコツは〇〇を上手く使うこと!

引用:wikipedia

 

リーフは、ニッサン自動車が製造&販売している5ドア・ハッチバック式のクルマです。

 

従来のガソリン車ではなく電気で走行する電気自動車のため、静音性や加速性能に大きな強みがあります。

 

 

リーフ、グレード別の本体価格 & 装備品

 

・グレード

  • “S“ 2,803,680円
  • “X“ 3,254,040円
  • “G“ 3,624,480円

 

※それぞれ「24kWh駆動用バッテリー」搭載時の車両価格

 

・装備品
“S“

 

エアコン(オート式)、エマージェンシーブレーキ(キケン時に自動制御)、車線逸脱時アラート機能、レザーカバーステアリング

 

“X“
エアコン(オート式)、エマージェンシーブレーキ(キケン時に自動制御)、車線逸脱時アラート機能、レザーカバーステアリング(ステアリングスイッチ内蔵)、NissanConnect ナビ付

 

“G“
プラズマクラスター搭載エアコン(オート式)、エマージェンシーブレーキ(キケン時に自動制御)、車線逸脱時アラート機能、レザーカバーステアリング(ステアリングスイッチ内蔵)、NissanConnect ナビ付、ヘッドライト(LED)、アルミホイール(17inch)

 

※各グレードには専用エアロパーツを装備した「エアロスタイル」も選択可能

 

 

リーフ、目標とするべき値引き額は?【/最終更新】

 

リーフで目標にすべき値引き額・・・10万円

 

備考
※クルマ本体のみ & オプション無し、を選択した場合の値です
※当サイトにて行った独自調査にて算出しました
※決算セール品など、特価品は除外しています

 

 

リーフは、一般的なガソリン車よりも値引きが難しいと見ておいた方が良いでしょう。

 

しかし、オプション品に対しての値引きについては充分チャンスがあるので、オプション品の値引きを交渉の中でうまく引き出してみましょう。

 

肝心の値引き交渉ですが、リーフに近いスペックの近い車種を用いて価格競合していく方法が無難です。

 

近いスペックの車種として・・・

  • プリウスPHV(TOYOTA)

上記の車種であらかじめ見積もり依頼を出しておき、リーフの交渉時に向かいましょう。

 

 

リーフ、最近契約した人たちの詳細について

 

例1「S」を契約した男性
契約時期/地域・2016年12月/宮城県
契約者の年齢・56歳

 

本体「S」:2,803,680円
オプション:350,000円

 

本体値引き額:100,000円
オプションの値引き額:150,000円
下取り額(’10年製 NISSAN・ノート):100,000円

 

総計:2,903,049円
※税、諸経費も加算

 

 

例2 「X」を契約した男性
契約時期/地域・2016年11月/北海道
契約者の年齢・47歳

 

本体「X」:3,254,040円
オプション:210,000円

 

本体値引き額:100,000円
オプションの値引き額:100,000円
下取り額(’09年製 NISSAN・キューブ):210,000円

 

総計:3,143,409円
※税、諸経費も加算

 

 

ニッサン・リーフの値引きはさらに増やせる!絶対に「〇〇」の確認を忘れずに!

 

上記では実際のリーフの契約例を2つ紹介していますが、いかがだったでしょう?

 

値引き交渉はまずまずのようにも見えますし、良い内容に見えた方もいるかもしれませんね。

 

しかし、契約全体を改めてチェックした結果「リーフはもっと値引きできる」と当サイトでは断言できます。

 

その根拠といえるのは「下取り額」です。

 

2つの契約例ともに新車を購入したディーラーの「下取り」サービスを利用しているのですが、この金額が本来のクルマの相場よりも低いのです。

 

クルマ専門買取業者による査定と比べるとその差は顕著で、それぞれ10万円のマイナスに・・・。

 

「ディーラー側は新車値引き分を取り戻すために下取り額をわざと低くしたのでは?」と思われる人が多いのですが、それが正解とは限りません。

 

というのも、ディーラー下取りの査定額が低くなるのは、そのシステム上の「理由」が多大な影響を及ぼすためです。

 

では、お得に新車を手に入れたい場合はどうしたら良いのでしょう? 当サイトではディーラー下取りの対策を熟知しているので心配しなくてOKです。

 

ディーラー下取りの査定額が低くなってしまう「理由」と、低くなりがちな査定額をしっかりアップさせるための「コツ」を、下記のリンク先で解説しています。

 

この機会に、一通りチェックしておきましょう。

 

 

→ 下取り査定額を大きく増やし「リーフ」をお得に契約したい方はこちら

2017年/リーフを激安購入!大幅値引きのコツは〇〇を上手く使うこと!