2017年/ラフェスタを格安購入!値引き交渉には〇〇を必ずチェック!

2017年/ラフェスタを格安購入!値引き交渉には〇〇を必ずチェック!

ラフェスタ最新の値引き情報をご紹介します! ( 更新)

2017年/ラフェスタを格安購入!値引き交渉には〇〇を必ずチェック!

引用:wikipedia

 

日産製造で2004年より販売されているミニバンのラフェスタは、紫外線カットガラスや便利な収納などの快適装備により充実した居住空間、そして低いフロアで乗り降りも楽に出来ます。

 

力強い走行性能と燃費性能の両方を実現、遠乗りでも街乗りでも快適なドライブを楽しむことができます。

 

 

各種グレード・標準装備一覧

 

☆グレード☆

  • ハイウェイスター ¥2,303,640(消費税込み)
  • ハイウェイスターG ¥2,464,560(消費税込み)
  • ハイウェイスターG スプレモ ¥2,700,000(消費税込み)

 

 

☆標準装備☆

 

ハイウェイスター 
{オートエアコン・全面UVカットガラス・15インチアルミホイール・電動スライドドア(助手席側)}

 

ハイウェイスターG 
{オートエアコン・全面UVカットガラス・15インチアルミホイール・電動スライドドア(助手席側)・本革ステアリング・インテリジェントキー・キセノンヘッドランプ・インテリジェントキー}

 

ハイウェイスターG スプレモ 
{オートエアコン・全面UVカットガラス・17インチアルミホイール・電動スライドドア(両側)・本革ステアリング・インテリジェントキー・キセノンヘッドランプ・一部本革仕様シート}

 

 

ラフェスタの目標とする値引き金額 ( 更新)

 

ラフェスタの目標とする値引き金額 ⇒ ¥300,000

 

※本体価格のみでオプションなしの値引き金額
※当サイトでの独自調査から算出(決算期などの特別割引が含まれているかは不明)

 

実際の値引き交渉の仕方として、「ライバル車」と言われる車種と金額を競わせることが最も楽に交渉ができる方法です。

 

☆ライバル車☆

  • トヨタのアイシス
  • トヨタのウィッシュ
  • ホンダのフリード

これらのライバルの車種の見積もりをいくつか取ってから交渉に行きましょう。

 

 

ラフェスタ購入の実例をご覧ください

 

・大阪府にお住まいの40歳の男性 (平成28年12月契約)

 

本体価格 ハイウェイスターG → ¥2,464,560
オプション → ¥350,000

 

本体値引き価格 → ¥300,000
オプション値引き価格 → ¥100,000
下取り価格 2009年式ティアナ → ¥220,000

 

合計額 → ¥2,349,789(諸経費含む)

 

 

・岡山県にお住まいの38歳の男性 (平成28年10月契約)

 

本体価格 ハイウェイスターG スプレモ → ¥2,700,000
オプション → ¥280,000

 

本体値引き価格 → ¥300,000
オプション値引き価格 → ¥150,000
下取り価格 2010年式ウイングロード → ¥190,000

 

合計額 → ¥2,512,329(諸経費含む)

 

 

もっと値引きができる?損をしない交渉術とは

 

「もっと値引きして欲しい!」って思わない人がいるでしょうか?

 

実例では、良い感じに値引きしてもらえたようですね。

 

けれどもまだ、値引きをしてもらえるんです。

 

どこに注目したら良いのか?それは《下取り価格》なんです。

 

先程の購入の実例では、両方とも安く見積もりをされていて10万くらい損をしているのです。

 

「もしかしたら、営業さんが値引きし過ぎたので下取り額で利益を上げようとしたのでは?」と思う人もいると思います。

 

でもそうとは限らず、ディーラーの下取り価格はどうしても安くなってしまう理由がちゃんと存在するんです。

 

次のページは、『どうしてディーラーの下取り価格が安くなるのか』そして『下取り価格を高くする方法』を解説しています。

 

 

→下取り価格を高くして、新車を安く購入するコツはこちらのリンクより

2017年/ラフェスタを格安購入!値引き交渉には〇〇を必ずチェック!