新車値引き交渉マニュアル

あなたの新車のお値段は適正ですか?損をしない為の交渉術

 

新車を購入する際、人はどのようなことを考えて契約しているのでしょうか。

 

  • 担当の営業さんが「頑張らせていただきました。これ以上はもう…」と言っていたから信用して契約した
  • 「契約していただけたら、おまけします。」とオプションをおまけしてもらったから契約した
  • 自分が納得できる価格だったから契約した
  • 高級車だから「きっと値引きが出来ないだろう」と思って値引き無しで契約した
  • 営業さんが知り合いだったから最初から信用して契約した
  • そんなに安くは感じなかったが営業さんの人柄が好きだったから契約した
  • 事前に調べていた雑誌やインターネットの値引き限度額まで値引きしてもらえたから契約した

 

上記のように、人は色々な心理が働き契約していると思います。

 

「元々知り合いだから金額はそれほど重要ではない。」「営業さんの人柄が良かったから金額はどうでもいい。」という方は例外ですが、「大幅な値引きがされていてもさらに安く購入できる方法」があれば知っておきたいですよね。

 

 

営業さんの「これ以上は無理です。」は本当なのか見抜くことができるでしょうか?

 

「あそこのディーラーではこの金額だったんですが、どれくらい安くしてくれますか?」
と、いくつかのディーラーを回り、一番安いところで購入する。

 

他社の見積もりと競合させての値引きは、もう当たり前のようにされていることですね。

 

ですが営業さんが発する「これくらいまでなら対抗できます」「この値段がうちでは限界です」という言葉、本当でしょうか?

 

「嘘か本当かを見抜ける方法があるんです」と言いたいのですが、やはりそれは一部の関係者だけが知り得る情報ですよね。

 

通常、このような社外秘のことは営業さんがたとえ知り合いでも教えてくれるはずはありません。

 

 

インターネットで見た値引き金額、本当に信用してもいいんでしょうか?

 

「ネットで見た値段より安くしてもらえたし、さらにおまけでオプションもつけてもらえて、凄く安く購入できたよ!」

 

と大喜びしていたけど、「ネットで調べたけど古い情報だった」とか「書き込んでた人が住んでる地域の値引き額より、私の住んでる地域の値引き額がもっと多かった」などということがあります。

 

実際に知りたい地域の最新値引き情報は、そう簡単に知ることはできません。

 

 

ではどうすればもっと安く購入できるのか…?

 

 

営業さんが原価で販売するわけはないですし、ネットも知り合いの情報も信用できるか分かりませんよね。

 

見積もりを見て「これ以上の値引きはもう無理かな」と思っていても、絶対に確認すべき項目があります。

 

その項目とは、「下取り額」です。

 

新車を購入する際に約6〜7割もの方々がディーラーに下取りを依頼しているというのです。

 

  • 購入時、下取りも一緒にしてもらった方が安く購入できる
  • 面倒だから、購入時に一緒に下取りもしてもらいたい
  • 買取よりも下取りは高値だと思っている

と、下取りを選ぶ理由が色々とあるようですが、金額だけでいえば「買取りより下取りは損!」というのが現実なのです。

 

 

買取専門業者の買い取り金額の方が、ディーラー下取りよりも高額になる!?

 

ディーラーのキャンペーンで下取りが強化され、特別予算を使っているときは、買取専門業者よりも下取り額が高値になることもあるかもしれません。
ですが、ほとんどが買取専門業者の方が高値で買い取りしてくれるんです。

 

なぜ、こうなるのかと言うと、

  • 買取専門業者は、中古車の最新流通事情を常に知っているため、ニーズを考慮した金額を出せる。
  • やはり「買取専門」と堂々と勝負していることもあり、査定レベルがとても高い。だから査定額も強気に出すことができる。

と、いうような事情があるためです。

 

よく理解していないことや査定に自信がなければ、強気に金額を出すこともできないので、ディーラーは安い査定額しか出せないというわけなんですね。

 

 

“無料買取査定サイト”で下取り金額より買取金額を大幅に増やす!

 

ディーラー下取り金額よりも買取専門業者の買取金額の方が高額になる理由はご理解いただけたでしょうか。

 

では、次に買取査定の方法についてですが、『“無料買取査定サイト”を利用して、複数の業者に買取査定を依頼』

 

これです。

 

複数の業者に依頼するということは、競合させて買取金額を増やすためですね。

 

また、“買取査定サイト”を利用すれば買取業者を直接回る必要がないですし、業者自身も“このサイトで査定依頼をするということは他社と競合になる”ことを分かっているので最初から目一杯の買取金額を出してくることが多いという利点があるんです。

 

つまり交渉の手間がないということになります。

 

 

買取査定を依頼した例をご覧ください。

 

例1)
・『シエンタ ダイス』
ディーラー下取り金額: \440,000

 

3社へ査定依頼をしたところ…

 

\550,000
\610,000
\640,000

 

1番高いところだと、下取り金額より\200,000も高値で買い取ってくれるようでした。

 

例2)
・『セレナ』
ディーラー下取り金額: \570,000

 

3社へ査定依頼をしたところ…

 

\720,000
\780,000
\850,000

 

と、\300,000近く高値になりました

 

どの金額を見ても、ディーラーの下取り金額より高値で買い取りしてくれることが分かります。

 

これらの見積書を交渉の武器とし、ディーラーへ向かうだけというわけです。

 

もし、下取り金額は変えられないと言われたとしても、下取りなしで購入し、買取専門業者に買い取ってもらえばいいんです。

 

これからディーラーに初めて行くという方も、車の買取価格を査定してもらってから行く方が、交渉する際有利になるはずです。

 

ただ!車両本体やオプションの値引金額を低めにされないように、そこだけは注意しておいてください。

 

“コツ”は、早々から買取の見積もりは見せずに交渉すること。
目標の値引金額まで出してもらってから「これなんですけど。」と買取の見積書を見せる。

 

「能ある鷹は爪を隠す」が“コツ”です。

 

買取業者の一括査定サイトは、無料なのですがとても便利なサイトですので、損をしないように、新車購入時には賢く活用してしてください。

 

概算の査定額であれば現地見積もりの必要なく、サイト上ですぐにチェックできます。

 

 

>>無料の買取業者一括査定サイトはこちら<<