2018年/パジェロの値引き交渉は簡単!〇〇の交渉を忘れないで!

2018年/パジェロの値引き交渉は簡単!〇〇の交渉を忘れないで!

◆安くパジェロを買うためのおすすめの方法

2018年/パジェロの値引き交渉は簡単!〇〇の交渉を忘れないで!

引用:wikipedia

 

少しでも安い金額でパジェロを買いたいと思い、何か良い方法はないかと調べている人も多いのではないでしょうか。

 

今回紹介するこの方法は、そんなパジェロを安く買うための方法のひとつであり、実際にパジェロを数十万円も値引きをしてもらえたという人もいる方法です。

 

この方法は誰でもできる簡単なものとなっていますのでぜひご覧ください。

 

 

◆パジェロ、どのくらいの値引きが可能?【最新版/

 

パジェロの現在の値引き額は・・・30万円

 

パジェロは、マイナーチェンジが2016年10月に行われていますが、現在販売されているモデルは、そのマイナーチェンジ後の仕様です。

 

上記の金額まで値引きが受けられることが確認されていますので、値引き金額の目安としておくと良いでしょう。

 

また、オプションについては20〜30%前後の値引きが受けられます。

 

オプションも本体と共に値引き交渉をしておきたいところです。

 

 

◆安くパジェロを買うためのおすすめの時期

  • 決算期(1月〜3月)
  • ボーナス期(6月〜7月)
  • 中間決算期(8月〜9月)
  • ボーナス期(12月)

この4つの期間は、いずれもパジェロの値引きが受けられる期間となっていますが、これらの中では1月〜3月にかけての決算期が最も大きな値引きが受けられる可能性が高い時期といえます。

 

というのも、決算期はディーラーにとって最も売上がほしい時期であり、利益よりも売上を優先する傾向にあります。

 

あまり値引き交渉が得意ではないという人であっても、この時期であればディーラーへの値引き交渉もしやすい時期といえます。

 

急いでパジェロを購入しなければならないという事情がなければ、この時期の購入を検討してみてはいかがでしょうか。

 

 

◆安くパジェロを買うための値引き交渉の方法

 

具体的な値引き交渉については、パジェロと近いスペックのライバル車と価格競合させる方法がもっともお勧めです。

 

・ライバル車

  • ランドクルーザー、FJクルーザー(トヨタ)
  • ムラーノ(ニッサン)

と、いった車種で見積もりを取っておき、パジェロの営業マンとの交渉時に利用してみましょう。

 

 

ライバル車の見積をとり、パジェロと競合させる方法を利用する場合ですが、いくつか注意したい点があります。

 

・装備はパジェロとライバル車とで同等のものを選んでおくこと
・ライバル車の見積は本当にその車を買うつもりで値引き交渉まで行った見積を用意すること

 

パジェロを販売する担当者ともなれば、ライバル車についても相当な研究を行っており、もちろん最新の価格情報についても完全に把握しています。

 

適当なライバル車の見積を用意しても、パジェロの販売担当者が見ればすぐにわかりますので、適当な見積ではパジェロの値引き交渉のために利用することはかなり難しいといえるでしょう。

 

パジェロを安く買うためには、こうしたライバル車の見積についてもしっかりと値引き交渉まで行ったものを用意することが第一歩となります。

 

 

◆パジェロ、購入された人たちの最近の契約内容

 

例(1)GR/ディーゼル を契約
契約時期・2017年12月
契約者・宮城県在住・男性(35歳)

 

車両本体価格:3,751,920円
オプション:250,000円

 

車両本体の値引き:300,000円
オプションの値引き額:50,000円

 

下取り額(2007年製造 三菱・パジェロ):480,000円

 

総額:3,284,730円
※税含む、諸経費込み

 

 

例(2)VR-U/ディーゼル を契約
契約時期・2017年11月
契約者・北海道在住・男性(53歳)

 

車両本体価格:4,001,400円
オプション:280,000円

 

クルマ本体の値引き額:300,000円
オプションの値引き額:100,000円

 

下取り額(2008年製造 ニッサン・エクストレイル):690,000円

 

総額:3,303,110円
※税含む、諸経費込み

 

 

◆契約時、値引き以上に重要な「アレ」を忘れずしっかりチェックしよう!

 

 

パジェロの値引きは、同タイプの他社製品との価格競合を行なうのがお勧め、と先に説明しましたが、値引きだけで満足していると全体的な契約内容としてはイマイチになってしまうおそれがあります。

 

上記では直近の契約例を2つ挙げましたが、どちらのケースも当サイトではさらにパジェロを安く買えるチャンスがあったと判断しています。

 

もっとハッキリ言ってしまうと、2つの契約ではどちらも「20万円」ほど安く買えていたはずでした。

 

その根拠といえるのが「下取り額」です。

 

例に出した2つとも「ディーラー下取り」を選んでいますが、この査定額が安すぎるのです。

 

納車とともに不要なクルマを手放せるメリットがディーラー下取りにはあるのですが、殆どの場合、車買取専門業者による査定よりも低い評価となってしまうデメリットも存在します。

 

「ディーラーは値引き分の損失を下取り査定額を下げて対応しているのでは?」と思われたかもしれません。しかし、それが全ての問題とは限りません。

 

もっとも可能性として考えられるのは、「ディーラー下取りはどうしても安くなってしまう理由」があるため。

 

しかし、対策はあるので大丈夫です。

 

下のリンクにて、ディーラー下取りが低い評価になってしまう理由、下取り価格を大きく増やすためのコツを解説しているので一通り目を通してみてください。

 

 

→ 三菱・パジェロの値引き額をギリギリまで増やす方法はこちら

2018年/パジェロの値引き交渉は簡単!〇〇の交渉を忘れないで!

関連ページ

eKワゴン
RVR