2017年/eKワゴンを格安購入!大幅値引きを引き出す〇〇を使った交渉術とは?

2017年/eKワゴンを格安購入!大幅値引きを引き出す〇〇を使った交渉術とは?

◆「eKワゴン」新車の値引き状況について【最終更新/

2017年/eKワゴンを格安購入!大幅値引きを引き出す〇〇を使った交渉術とは?

引用:wikipedia

 

eKワゴンといえば、三菱自動車が製造・販売をしている軽サイズのトールワゴン。

 

車名の「eK」とは「いい軽をつくろう」という製作プロジェクトが語源です。
初代・eKワゴンの販売は2001年にスタートし、モデルチェンジを経た現在は3代目にあたります。

 

 

◆「eKワゴン」グレード別の価格と装備品の概要

 

・グレード

  • “E“ 1,080,000円
  • “M“ 1,196,640
  • “G“ 1,311,120円
  • “T Safety Package“ 1,479,600円

 

 

・標準装備
“E“
エアコン(マニュアル操作)、キーレスエントリー、紫外線カットガラス

 

“M“
エアコン(オート操作)、キーレスエントリー、赤外線カット&紫外線99%off加工ガラス

 

“G“
エアコン(オート操作)、キーレス操作システム、赤外線カット&紫外線99%off加工ガラス、本革ステアリング、マルチアラウンドモニター、オートマチックハイビーム

 

“T Safety Package“
エアコン(オート操作)、キーレス操作システム、赤外線カット&紫外線99%off加工ガラス、本革ステアリング、マルチアラウンドモニター、オートマチックハイビーム、オート制御ブレーキ、誤発進抑制機能搭載

 

 

 

◆「eKワゴン」契約時に期待できる値引き額【最終更新/

 

eKワゴンでの値引き額は・・・15万円

 

留意点
(1)eKワゴン本体のみ&オプション無しでの値
(2)当サイトで行った独自リサーチ結果をもとに算出(決算セールなどの特別割引は除外しています)

 

eKワゴンの値引き額は全国各地で大きな差もなく、都市部・地方による地域格差も確認できませんでした。

 

販売店の立地条件、あるいはあなたのお住まいの場所を気にすることなく上記にある値引き額が期待できるので、うまく交渉を進めてみてください。

 

 

eKワゴンの値引きは、ライバルメーカーが製造するeKワゴンと同じタイプの車種とを競合させる方法が無難です。

 

なお、ライバル車にあたるのは以下のような車種になります。

  • 日産…デイズ
  • スズキ…ワゴンR
  • ダイハツ…ムーヴ
  • ホンダ…N-WGN

特にどれを選択しても問題はありませんが、競合対象としてベストなのは「日産:デイズ」です。

 

もともと、eKワゴンとデイズは三菱・日産が共同で製品開発をしてきた経緯があります。
そして、それぞれの性能に大差がほとんどないので、価格で競わせやすいのです。

 

お近くに日産・デイズの販売店がある場合は、見積もりを事前に得ておき、eKワゴンの販売員との交渉時に活用してみてください。

 

こうすることで、よりスムーズに値引きが得られるはずです。

 

 

◆eKワゴンを最近購入した人の契約内容について

 

購入例(1)Eグレードを契約

 

現在地・北海道 
契約者・43歳の男性
契約時期・2016年12月

 

(E)グレード本体価格:1,080,000円
オプション:100,000円

 

クルマ本体値引き額:100,000円
オプション値引き額:0円

 

下取り額(スズキ・ワゴンR 2008年製造):50,000円

 

諸経費込み価格:1,133,660円

 

 

購入例(2)Gグレードを契約

 

現在地・北海道 
契約者・35歳の男性
契約時期・2016年11月

 

(G)グレード本体価格:1,311,120円
オプション:220,000円

 

クルマ本体値引き額:150,000円
オプション値引き額:50,000円

 

下取り額(ニッサン・ノート 2009年製造):80,000円

 

諸経費込み価格:1,362,780円

 

 

◆「eKワゴン」はやり方次第でさらに安く買える!? 「アレ」は絶対にチェックすべき

 

 

上記で紹介した契約例を当サイトでチェックしたところ、本当はもっと安くeKワゴンを購入できたと確信しています。

 

もしも、同じ状況で契約を交わす場合、あなたならどの値を見直すべきか分かりますか?

 

その答えは「下取り額」にあります。

 

下取りの金額を改めてチェックしてみましょう。

 

実は2つの例ともに、現在のクルマの相場よりも安く評価されています。

 

車買取専門店に依頼する場合と比べると、その差額は10万円ほど。

 

つまり、それだけ新車購入時に損してしまった・・・ということなんです。

 

下取りに出した車に大きな問題があったとも考えられますが、それを考慮しても上記の査定額はどちらも低い結果に終わっています。

 

2人の契約者は、どうしてこういった状況に遭遇してしまったのでしょう?

 

その答えは、「ディーラー下取りは、どうしても安くせざるをえない理由がある」ためです。

 

では、新車を購入する際のディーラー下取りは妥協するほかないのでしょうか?
いいえ、諦める必要はありません。

 

下記ページでは、下取り額が低くなる理由、さらには下取り査定額をアップさせるためのコツを掲載しています。

 

もうすぐ新車を購入する予定があるのでしたら、損をしないためにも一通り目を通しておきましょう。

 

→ 「eKワゴン」の新車は下取り額を大きく増やして契約しよう

2017年/eKワゴンを格安購入!大幅値引きを引き出す〇〇を使った交渉術とは?

関連ページ

パジェロ
RVR