2017年/フレアワゴンを格安購入!値引き交渉には〇〇のチェックを忘れないで!

2017年/フレアワゴンを格安購入!値引き交渉には〇〇のチェックを忘れないで!

「フレアワゴン」をおトクな価格で購入するためのコツとは?

2017年/フレアワゴンを格安購入!値引き交渉には〇〇のチェックを忘れないで!

引用:wikipedia

 

弊サイトでは「フレアワゴンをもっとおトクに購入したい」とお考えの方を対象に有益な情報を紹介しています。

 

この情報を実践することで「数十万円」の値引きアップを得た例も存在するので、あなたもこの機会に一通りチェックしてみてください。

 

 

フレアワゴン、目標とするべき値引き額は?【最終更新/

 

フレアワゴンの新車、値引きの目標値は ・・・15万円

 

フレアワゴンは、2017年1月時にリリースされたマイナーチェンジ版が最新モデルとなります。

 

一般的なクルマでは、マイナーチェンジ後は値引き額は抑えられる傾向にあります。

 

しかし、フレアワゴンの値引き額は時期にあまり影響しないので、マイナーチェンジ直後でもさほど気にする必要はありません。

 

上記の値を目標にしながらうまく交渉を図っていきましょう。

 

 

「フレアワゴン」、よりお得に買えるベストタイミングはいつ?

  • 1月〜3月 ・ 決算期
  • 6月〜7月 ・ ボーナス期
  • 8月〜9月 ・ 中間決算期
  • 12月 ・ ボーナス期

このように1年のあいだに複数回、値引きアップのチャンスがありますが、「決算期」がベストなタイミングといえます。

 

この時期はディーラー側がもっとも売り上げを欲しいタイミングであり、全国のディーラーで大規模なセールが一斉に始まるため、ユーザー側に有利な条件を提示してもらいやすいのです。

 

緊急でクルマが必要な場合を除き、フレアワゴンをより安く手に入れたいのであれば、決算期を購入予定としておきましょう。

 

 

「フレアワゴン」の交渉、注意しておくべきことは?

 

「フレアワゴン」値引きを効率的に引き出すためには、ライバル車を用いて価格競合を図る方法がもっともベストです。

 

以下、ライバル車の一例です。

  • N-BOX(HONDA)
  • スペーシア(SUZUKI)
  • タント(DAIHATSU)

事前にこれらの車種で見積もり依頼を出し、フレアワゴンの交渉時に活用してみてください。

 

 

フレアワゴンの交渉で用いる「ライバル車の見積書の取得」は注意しておくポイントがあります。

 

それは、「購入対象ではないライバル車も、丁寧に値引き交渉行った上で見積りを取得する」ことです。

 

フレアワゴン販売担当者は、毎日クルマの商談をこなしているプロです。

 

お客の見積書を繰り返し見る機会が多いので、ライバル車の相場についても理解しているはずです。

 

もしも、適当な内容の見積書を用いて交渉した場合、相手に交渉のペースを握られてしまいかねません。

 

そうなれば、値引き額アップのチャンスは無くなり、残念な結果になるのは間違いありません。

 

お得な価格でフレアワゴンを手に入れるためにも、ライバル車のスペックやオプションなど、基本的な情報をしっかりリサーチした上で見積書を取得するよう心がけましょう。

 

 

 

フレアワゴン、最近契約した人たちの詳細について

 

例1 「XS」を契約した男性
契約時期/地域・2016年12月/静岡県
契約者の年齢・38歳

 

本体「XS」:1,468,800円
オプション:100,000円

 

本体値引き額:150,000円
オプションの値引き:0円
下取り額(’09年製 DAIHATSU・タント):180,000円

 

総計:1,344,300円
※税、諸経費も加算

 

 

例2「カスタムスタイルXS」を契約
契約時期/地域・2016年10月/茨城県
契約者の年齢・46歳

 

本体「カスタムスタイルXS」:1,732,320円
オプション:210,000円

 

車両本体の値引き:150,000円
オプションの値引き:50,000円
下取り額(’08年製 HONDA・ライフ):110,000円

 

総計:1,737,820円
※税、諸経費も加算

 

 

フレアワゴンの新車はまだ値引きが期待できる!? お得な契約のために「○○」を忘れずにチェックしよう!

 

 

先に2つ紹介している契約では、値引き額も目標値を得られているので良い内容に映るかもしれませんね。
・・・が、全体をチェックしてみると大切な点を見落としていたせいか「損」をしてしまったようです。

 

その損といえる部分は・・・「下取り額」です。

 

2つの契約ともに新車を購入したディーラーで下取りしていますが、この値がクルマの現在の価値よりも低い評価を付けられています。

 

クルマ買取専門業者の査定と比較すると差は明白で「10万円マイナス」という残念な結果に・・・

 

新車値引き分をカバーしたいがために、ディーラーは下取り査定額を低くした?と誤解されやすいのですが、それが全ての問題とは言えません。

 

実は、ディーラー下取りは、査定額がガクンと減ってしまう「とある理由」が存在するからです。

 

「ディーラー下取りでの査定額がガクンと目減りする理由」、「低くなりがちな査定額をグンと引き上げるコツ」を次のページで解説しています。

 

フレアワゴンの新車をお得な価格で契約したいのであれば、ぜひ目を通してみてください。

 

 

→ マツダ・フレアワゴン新車は可能な限り安く手に入れたい方はこちら

2017年/フレアワゴンを格安購入!値引き交渉には〇〇のチェックを忘れないで!