2018年/シャトルの最新値引き情報/〇〇を使った値引き法を伝授します!

2018年/シャトルの最新値引き情報/〇〇を使った値引き法を伝授します!

◆シャトルを安く買いたい人ならこの方法がおすすめ

2018年/シャトルの最新値引き情報/〇〇を使った値引き法を伝授します!

引用:wikipedia

 

幅広い層に人気のシャトル、この車を少しでも安く、お得に買いたいという人におすすめの方法があります。

 

この方法を知っていれば、シャトルを買うにあたり数十万円もお得になるという可能性もありますので、覚えておいて損はないでしょう。

 

 

シャトル、目標とするべき値引き額は?【/更新】

 

シャトルの新車、値引きの目標額は?・・・20万円

 

シャトルは、2017年9月にマイナーチェンジされた仕様で販売されています。

 

値引きをするにあたっては、上記の金額を目標として交渉を進めたいところです。

 

また、本体と同時にオプションについても値引きをしたいところです。

 

オプションについては、20〜30%ほど値引きができるようになっています。

 

 

◆シャトルが大幅値引きされるのはこの時期

  • 1月〜3月の「決算期」
  • 6月〜7月の「夏のボーナス期」
  • 8月〜9月の「中間決算期」
  • 12月の「冬のボーナス期」

これらの時期は、シャトルの購入に際して安く買える可能性がある時期ですが、特に1月〜3月にかけての決算期がおすすめです。

 

決算期とは、ディーラーにとって一台でも多く販売台数を伸ばし、売上金額を増やしたい時期です。

 

そのため、この時期は大幅な値引きが期待できる時期でもありますので、シャトルをかなり安く買える可能性が高まります。

 

少しでも安くシャトルを買いたい、ということであれば決算期がおすすめの時期ですので、あまり値引き交渉が得意ではないという人であればこの時期の購入を検討してみると良いでしょう。

 

 

◆シャトルの値引き交渉の方法

 

シャトルの値引きは、スペックの近い他社製のクルマを用いて価格競合していく方法が無難です。

 

競合対象の例を挙げると・・・

  • プリウスα、カローラフィールダー(TOYOTA)
  • アクセラスポーツ(Mazda)
  • インプレッサスポーツ(SUBARU)

こういったクルマで見積もりを事前に用意しておき、シャトルの営業マンとの交渉に臨みましょう。

 

 

シャトルとライバル車と競合させる場合には2つの注意点があります。

 

・買おうと思っているシャトルと類似したグレードや装備をライバル車でも選ぶこと
・ライバル車の見積については実際に購入するつもりで値引き交渉をした見積をとること

 

シャトルを販売する担当者は、他のお客さんから毎日のようにライバル車の見積を見せられていることから、常に最新の情報を把握しています。

 

ライバル車の見積を用意しても、それが適当な見積であればシャトルの価格交渉に役立てることは難しくなります。

 

ライバル車の見積を取る時は、その車を購入するつもりでしっかりとした見積をもらう、ということが大切です。

 

 

シャトル、最近契約した人たちの詳細について

 

例(1)「HYBRID・Honda SENSING」を契約した男性
契約時期/地域:2018年4月/埼玉県
契約者の年齢:39歳

 

本体「HYBRID」:2,080,080円
オプション:150,000円

 

本体の値引き額:150,000円
オプションの値引き額:50,000円
下取り額(2009年製造 TOYOTA・ヴィッツ):80,000円

 

総計:2,089,570円
※税、諸経費も加算

 

 

例(2)「HYBRID X・Honda SENSING」を契約した男性
契約時期/地域:2018年7月/宮城県
契約者の年齢:35歳

 

本体「HYBRID X」:2,310,120円
オプション:310,000円

 

本体の値引き額:150,000円
オプションの値引き額:150,000円
下取り額(2012年製造 HONDA・フリード):750,000円

 

総計:1,794,570円
※税、諸経費も加算

 

 

知らないとシャトルの値引きで損してしまうかも!? 後悔しないように「アレ」をチェック!

 

上記では最近契約した人たちの実例を挙げていますが、値引き交渉も目標額を得られているし、良い内容にも見えるでしょう

 

しかし、2つとも「惜しい」契約だったと言わざるを得ません。
当サイトで全体をチェックした結果、シャトルの値引き額をさらに増額できた可能性が高い、と判断できるためです。

 

その理由といえるのは「下取り額」です。

 

2つの契約ともに下取り額がかなり低いのです。クルマ買取専門業者による査定と比べると、差額はそれぞれマイナス10万円に・・・。

 

「ディーラーは新車値引き分をカバーするために意図的に下取り額を低くしたのでは?」と予想されたかもしれませんが、それが全ての答えとは言い切れません。

 

ディーラー下取りのほとんどのケースで査定額が低くなってしまうのは、構造上の「とある理由」が影響を及ぼすためです。

 

しかし、どうせ新車を購入するなら可能な限り安く手に入れたいですよね?

 

解決策は存在するのでご安心ください。

 

ディーラー下取りに影響を及ぼす「とある理由」の詳細、さらには「下取り査定額の大幅アップのためのコツ」を下のリンク先で解説しています

 

ぜひ参考にしてみてください。

 

→ ホンダ・シャトルの新車をギリギリまで安くする方法はこちら

2018年/シャトルの最新値引き情報/〇〇を使った値引き法を伝授します!

関連ページ

シャトル
N-ONE
N-WGN
S660
N-BOX