2017年/N-ONEの値引き術を公開!大幅値引きには〇〇の交渉が大切

2017年/N-ONEの値引き術を公開!大幅値引きには〇〇の交渉が大切

N-ONE、新車の最新値引き状況【/最終更新】

2017年/N-ONEの値引き術を公開!大幅値引きには〇〇の交渉が大切

引用:wikipedia

 

「N-ONE」はホンダが製造販売している「N-BOX」からつづく「Nシリーズ」の3弾目にあたる車種で、トールワゴン型の軽自動車です。

 

 

N-ONE、グレード別の本体価格 & 装備品

 

・グレード

  • “G“ 1,185,000円
  • “G・LOWDOWN Basic“ 1,220,000円
  • “G・Lpackage“ 1,298,000円
  • “G・LOWDOWN“ 1,365,000円
  • Tourer
  • “Premium“ 1,490,000円
  • “Premium Tourer“ 1,598,000円
  • “Premium Tourer・LOWDOWN“ 1,645,000円

 

 

・装備
“G“
オート/エアコン、ベンチシート(前側)

 

“G・LOWDOWN Basic“
オート/エアコン、ベンチシート(前側)、スタビライザー(前側)

 

“G・Lpackage“
オート/エアコン、ベンチシート(前側)、ディスチャージ/ヘッドライト、オート-リトラミラー、ガーニッシュ付ステアリング(塗装/シルバー)

 

“G・LOWDOWN“
オート/エアコン、ベンチシート(前側)、ディスチャージ/ヘッドライト、オート-リトラミラー、ガーニッシュ付ステアリング(塗装/シルバー)、フロントスタビライザー、アルミホイール(サイズ・14)

 

“Tourer“
オート/エアコン、ベンチシート(前側)、ディスチャージ/ヘッドライト、オート-リトラミラー、ガーニッシュ付ステアリング(塗装/シルバー & パドルシフト搭載)、アルミホイール(サイズ・14)、クルーズコントロール

 

 

“Premium“
オート/エアコン、コンビシート(レザー調&ファブリック素材)、“LED“フォグライト、イルミネーション(バイオレットカラー)、アルミホイール(サイズ・14)

 

“Premium Tourer“
オート/エアコン、コンビシート(レザー調&ファブリック素材)、“LED“フォグライト、イルミネーション(バイオレットカラー)、アルミホイール(サイズ・15)、クルーズコントロール

 

“Premium Tourer・LOWDOWN“
オート/エアコン、コンビシート(レザー調&ファブリック素材)、“LED“フォグライト、イルミネーション(バイオレットカラー)、アルミホイール(サイズ・15)、クルーズコントロール、テールゲートスポイラー(ラージサイズ)、パドルシフト搭載

 

 

N-ONE、目標とするべき値引き額は?【/最終更新】

 

「N-ONE」新車購入時の目標値引き額は・・・15万円

 

備考
※クルマ本体のみ & オプション無し、を選択した場合の値です
※当サイトにて行った独自調査にて算出しました
※決算セール品など、特価品は除外しています

 

 

「N-ONE」の直近の値引き状況ですが、日本全国で特に大きな偏りは見受けられませんでした。

 

都心・地方といった地域差が価格に反映されないと判断しておいて良いかと思います。

 

ということで、あなたの現在のお住まいの場所に関わらず、上記の目標値引き額を得られるよう交渉を行いましょう。

 

 

N-ONEの値引きは、スペックの近いクルマ同士を価格競合させる方法がオススメです。

 

スペックの近い車種の例を挙げると・・・

  • ハスラー(SUZUKI)
  • ミラココア、キャストスタイル(DAIHATSU)

このようなクルマが最適です。事前に見積もり依頼をしておき、N-ONEの販売交渉に活用してみてください。

 

 

N-ONE、最近契約した人たちの詳細について

 

例1「Premium Tourer」を契約した男性

 

契約時期/地域・2017年1月/大阪府
契約者の年齢・56歳

 

本体(Premium Tourer):1,598,000円
オプション:230,000円

 

本体値引き額:150,000円
オプションの値引き額:50,000円

 

下取り額(’11年製造 SUZUKI・ワゴンR):270,000円

 

総計:1,472,770円
※税、諸経費も加算

 

 

例2「G」を契約した女性

 

契約時期/地域・2016年11月/大分県
契約者の年齢・48歳

 

本体(G):1,185,000円
オプション:160,000円

 

本体値引き額:100,000円
オプションの値引き額:50,000円

 

下取り額(’11年製造 TOYOTA・パッソ):110,000円

 

総計:1,191,070円
※税、諸経費も加算

 

 

値引き額以外にも大切な点がある! N-ONEの契約時「〇〇」を忘れずにチェック!

 

「ディーラーとの値引き交渉が目標どおりうまくいった」と、満足していると契約全体で損する状況に遭遇してしまうかもしれません。

 

「クルマ本体の価格」「オプション価格」2つの項目以外に私たちが目を光らせておくべき箇所があります。

 

何かというと、それは「下取り額」です。

 

先に紹介した2つの契約例はともに、そのチェックを怠ってしまった可能性が高く、「下取り額」が本来のクルマの価値より大きく下回っています。

 

当サイトで確認してみたところ、クルマ専門買取業者が行なう査定よりもそれぞれ10万円以上もマイナスの結果に・・・。

 

この状況について「ディーラー側は新車販売時の値引き分を補填するために、下取り額を下げたのではないか?」と思いましたか?
しかし、一概にそうとは言えません。

 

というのも、「ディーラー下取りは、システム上どうしても安くなる理由」が存在し、実際にクルマの評価に多大な影響を与えるからです。

 

でも問題ありません。ディーラー下取りを選択する際、知っておくべきことを当サイトでは心得ています。

 

ディーラー下取りのシステムの詳細、そして下取り価格を手堅くアップさせるコツについて下記リンク先で解説しています。

 

N-ONEの新車をこれから購入予定であれば、この機会にチェックしてみてください。

 

 

→ 下取り査定額を賢く増やして、N-ONEを安くゲットするにはこちらをチェック

2017年/N-ONEの値引き術を公開!大幅値引きには〇〇の交渉が大切

関連ページ

シャトル
N-WGN
S660