2017年/ミラココアをとにかく安く買いたいなら〇〇の交渉も忘れずに!

2017年/ミラココアをとにかく安く買いたいなら〇〇の交渉も忘れずに!

ミラココア、新車の最新値引き状況【最終更新/

2017年/ミラココアをとにかく安く買いたいなら〇〇の交渉も忘れずに!

引用:wikipedia

 

「ミラココア」は、ダイハツ自動車が製造販売している人気車種「ミラ」シリーズにあたる、ハッチバックタイプの軽自動車です。

 

初代モデルは、2009年8月から販売がスタートしています。

 

 

ミラココア、グレード別の本体価格 & 装備品

 

・グレード

  • “L“ 1,188,000円
  • “X“ 1,296,000円
  • “プラスX“ 1,404,000円

 

 

・装備
“L“
エアコン(マニュアル式)、UVカットガラス(全面張り)、キーレスエントリー搭載

 

“X“
エアコン(オート式)、UVカットガラス(全面張り)、キーフリーシステム搭載、装飾カラー:パールホワイト

 

“プラスX“
エアコン(オート式)、UVカットガラス(全面張り)、キーフリーシステム搭載、装飾カラー:シルバーメッキ、ヘッドランプ(LEDライト)、デオドラント加工済シート

 

※“X“、“プラスX“は、音声コントロールナビ、高機能ガラス(UVカット&IRカット)といったオプションを追加した「Limitedモデル」も選択可能

 

 

ミラココア、目標とするべき値引き額は?【最終更新/

 

ミラココア、値引きの目標額は? ・・・15万円

 

備考
※クルマ本体のみ & オプション無し、を選択した場合の値です
※当サイトにて行った独自調査にて算出しました
※決算セール品など、特価品は除外しています

 

 

ミラココアの値引きを効率的に得る方法は、他社製造のクルマと価格競合していくのがもっとも無難といえます。

 

競合対象にピッタリのクルマは・・・

  • ラパン(SUZUKI)
  • N-ONE(HONDA)

こういったクルマで見積もりを事前に得ておき、ミラココアの販売店との交渉を進めてみてください。

 

 

ミラココア、最近契約した人たちの詳細について

 

例1「X」を契約した女性
契約時期/地域・2017年1月/岐阜県
契約者の年齢・25歳

 

本体「X」:1,296,000円
オプション:210,000円

 

本体の値引き額:150,000円
オプションの値引き額:50,000円
下取り額(2007年製 HONDA・ライフ):50,000円

 

総計:1,299,880円
※税、諸経費も加算

 

 

例2 「プラスX」を契約した女性
契約時期/地域・2016年11月/栃木県
契約者の年齢・32歳

 

本体「プラスX」:1,404,000円
オプション:120,000円

 

本体の値引き額:150,000円
オプションの値引き額:0円
下取り額(2011年製 DAIHATSU・ムーヴ):220,000円

 

総計:1,198,180円
※税、諸経費も加算

 

 

「ミラココア」の値引きはまだ増やせるチャンスがある! 忘れずに「○○」をチェックしよう

 

例に挙げた2つの契約では、どちらも目標の値引き額を得られているため、良い内容にも見えるでしょう。

 

しかし、当サイトで改めて契約全体をチェックしてみた結果、ミラココアの値引きはまだまだ可能だったのは間違いありません。

 

どの点に問題があったのでしょう? その根拠といえるのが「下取り額」の箇所です。

 

どちらとも新車を購入したディーラーでの「下取り」を選択しているのですが、この値がクルマの市場価値と照らし合わせるとかなり低いのです。

 

クルマ買取専門業者による査定と比較すると明白で、「10万円」もの差額に・・・。

 

「ディーラーは値引きで損したくなかったために、下取り額を抑えたのでは?」と思われた方もいるかもしれません。その可能性もゼロではないでしょう。

 

しかし、それ以前に下取り額が低くなるのは、ディーラー下取り特有の「とある理由」が存在し、それがもっとも影響を及ぼすから。

 

当サイトでは、「ディーラー下取りの流れ」「ディーラー下取りの査定額の大幅アップを期待できる秘策」を下のページで説明しています。

 

今後、ミラココアの新車を購入したい方は一通り目を通してみてください。

 

 

→ 下取り査定額を大きく増やし、ダイハツ・ミラココアをお得に契約するにはこちら

2017年/ミラココアをとにかく安く買いたいなら〇〇の交渉も忘れずに!