2017年/アウディA1をとにかく安く買いたい!大幅値引きには〇〇が重要

2017年/アウディA1をとにかく安く買いたい!大幅値引きには〇〇が重要

◆もっと安くアウディA1を買いたいときにするといい方法とは?

 

アウディA1買うために色々と調べておられるアナタにアウディA1の値引交渉についての情報をご案内します。

 

この情報を利用して数十万円も安く買えたとのお声もいただいておりますので、どうぞ最後までお読みになって活用していただけたらと思います。

 

 

◆「アウディA1」の新車 期待できる値引き額は?【/最終更新】

 

アウディA1新車で期待できる値引き額は・・・25万円

 

アウディA1の現在のモデルは2015年6月にモデルチェンジをしたもので、それ以降は行われていません。

 

2018年に新しいモデルが発売されるという情報があるので、次のモデルが出るまでの期間に現行のモデルの値引き額は増えていくでしょう。

 

交渉のやり方次第で先ほどあげた値引目標額よりもさらに値引をしてもらえる可能性があります。

 

 

◆アウディA1の値引が大きくなることが期待できる時は?

 

◎1月〜3月⇒決算期
◎6月〜7月⇒ボーナス期
◎8月〜9月⇒中間決算期
◎12月⇒ボーナス期

 

上の4つの時期が良いのですが、中でも値引が大きくなることを一番期待できるのが決算期です。

 

購入を急いでおられず、アウディA1を安く買いたいと思っているのでしたら、決算期で購入する計画をたてるのが得策でしょう。

 

輸入車の場合はディーラーにより決算期が12月になることもあるようですので、あらかじめ購入しようと思っているディーラーの情報を調べておいてください。

 

 

◆アウディA1の効果的な値引交渉の仕方は?

 

アウディA1の値引きを交渉は、ライバル車と競合させる方法がもっとも効果的です。

 

ライバル車の例としては

  • POLO(フォルクスワーゲン)
  • MINI COOPER(BMW)
  • CT200h(レクサス)

このような車で見積もりを得ておき、アウディA1の販売員との交渉時に活用してみましょう。

 

 

ライバル車の見積もりを準備するときに気をつけて欲しいことがあります。

 

【見積もりを取るライバル車は、アウディA1の装備に似たものをしっかりと調べて選ぶこと】
【買わないライバル車ですが、見積もりを取るときにはちゃんと値引きの交渉をしてから取ること】

 

この2つのポイントをきっちりおさえてライバル車の見積もりを準備してください。

 

なぜなら、アウディA1の販売員は常に新しい情報を手に入れており、ライバル車のその時の相場を把握していると思われます。

 

そんな販売員ですから、特に交渉もせずいい加減に取った見積もりを提出したところで優位に交渉を進める材料になるとは思えません。

 

それどころか、値引き交渉自体が難しくなりかねないので、ライバル車の見積もりをきちんと準備することが大きなポイントになります。

 

 

◆「アウディA1」購入者の契約内容

 

契約例1 (1.0 TFSI sport)を購入
現住所・東京都 
契約者・男性(40歳)
契約時期・2016年12月

 

(1.0 TFSI sport)本体:2,650,000円
オプション:350,000円

 

本体に対する値引き額:250,000円
オプションの値引き額:100,000円

 

下取り額(ホンダフィット 2012年製):200,000円

 

トータル:2,673,895円
税金・諸経費込み

 

 

契約例2 (1.0 TFSI sport)を購入
現住所・茨城県 
契約者・男性(32歳)
契約時期・2016年10月

 

(1.0 TFSI sport)本体:2,650,000円
オプション:530,000円

 

本体に対する値引き額:250,000円
オプションの値引き額:120,000円

 

下取り額(フィアット500 2011年製):560,000円

 

トータル:2,473,659円
税金・諸経費込み

 

 

◆値引き額だけでは損するかも・・・契約時に確認しておくべき箇所とは?

 

 

上記では直近の契約例を2つ紹介しました。

 

あなたはどのように感じましたか?

 

値引きはきちんと得られているし、全体的に及第点の内容に見えるかもしれません。

 

しかし残念ながら、今回紹介した2つの例はいずれも「損」してしまったケースなんです。

 

では、どのあたりに問題があるのでしょう?

 

その根拠は「下取り額」にあります。

 

もしかしたら、ある程度クルマの相場をご存知の方には解ってしまったかもしれませんね。

 

上記の契約ではディーラーにて下取りを行っていますが、この「下取り額」に問題があるのです。

 

クルマ専門の買取業者が査定した場合と比較すると、なんと20〜30万円という差に・・・。

 

「新車を販売する際に、ディーラーは損をしたくないから下取り額をあえて低くした」と誤解されがちですが、それ以上に知っておくべきことがあります。

 

それは、ディーラーによる下取りは査定額を安くせざるを得ない構造上の理由があるということ。

 

ただし、諦める必要はありません。
その解決策を当サイトでは紹介しています。

 

下記リンクでは、ディーラーに依頼する下取りが安くなってしまう仕組み、さらには下取り額を増やすためのコツを掲載しています。

 

この機会にチェックしておきましょう。

 

→ 「アウディA1」を、お得な価格で手に入れるための方法はこちら


2017年/アウディA1をとにかく安く買いたい!大幅値引きには〇〇が重要

関連ページ

Q3